30日間英語脳育成プログラム
英語聞き取り能力を短期間で向上させる精聴スタイルの英会話教材。
英会話教材
英語教材TOP > リスニング > 30日間英語脳育成プログラム
:教材名 30日間英語脳育成プログラム
:価格 ¥19,500より
:身につく力 リスニング
:対象レベル 初心者−中級者(TOEIC未経験から600点程度)
:学習期間 30日間 / 1日30分程度
:おすすめ度
:販売元サイト 30日間英語脳育成プログラム
  短期間で確実にリスニング力があがったと実感できる優れた英会話教材。 言語学者の御園和夫教授が開発に関わっており、大手企業や官公庁にも研修用教材として採用されている本格派です。
英語を集中して聞き取る『精聴』に特化した学習スタイルで、スピードの速い英会話についていけるようになります。 TOEICのリスニング対策としても効果が期待できるでしょう。
30日間英語脳育成プログラムの学習方法
パソコンにディスクを入れれば自動的に学習画面が起動し、画面の指示に従って学習を進めていくことになりますが、 下画面が示すように30日間英語脳育成プログラムは「8段階ステップ式」という独自のスタイルを採用しています。 ひとつのストーリー(男女の会話)を1から8までのステップに分けて段階的に理解していくというものです。


ステップ1では、まずストーリーの背景を確認。 会話が行われる背景(発話状況)を確認することで、これから流れてくる音声がどういった内容なのか、おおよその想像がつきます。 そして、ステップ2ではテキストなどを一切見ずに、英語の音声だけに耳を傾けます。 聞き取れない発音があるから、知らない単語があるから…と、 始めから英文テキストを確認してCDを聞く行為を本教材は固く禁じています。










  ( クリックで拡大画像 )
ストーリーの背景を確認
ステップ1ではストーリーの背景を確認します。 次のステップ2で交わされる男女の会話は、どういった状況で行われたのかを事前に理解しておくわけです。 もちろん、この段階ではストーリーの背景を確認するだけなので、音声は流れないし、英文テキストも表示されません。
耳だけを頼りにリスニング開始
ステップ2で初めて英語の音声が流れてきます。テキストも見ず、和訳もわからない状態でのリスニングです。 繰り返し聞いていると理解の度合いがだんだんと深まってきますが、それでも耳だけを頼りのリスニングには限界がきます。 自分の知らない単語や複雑な英語の組み合わせがあるからですね。
聴き取れなかった箇所の確認
ステップ2で繰り返し聞いて、もうこれ以上聞いても理解できないな…という限界まできたらステップ3に移ります。 ステップ2で聴き取れなかった箇所を英文で確認する段階ですね。 画面上に、先ほどの英会話の内容がスクリプトで表示されるので、聴き取れなかった箇所をよく確認してください。
日本語訳の確認をする
ステップ4の画面では、英文を和訳した日本語文を確認します。 これで、ステップ2で行われた男女の会話がどういった内容だったかを完全に把握したことになります。
テキストリスニング開始
ステップ5では、画面に表示された英文スクリプトを確認しながら、もう一度ステップ2で流れた会話を聞き取ります。 この段階で初めて「英文と音声の一致」が完了します。知らなかった単語や発音なども画面の英文を見ながら正確に聞き取りましょう。
耳だけを頼りにリスニング
ステップ2と同じことをもう一度繰り返す、つまり英文テキストなどを確認せず、自分の聴覚だけを頼りに英語を聞き取ります。 ステップ2の段階ではうまく聞き取れなかったはずの音声が、このステップ6に至っては明瞭に聞こえてくることに驚きます。
音読スタート
ステップ7では、先ほどの英会話を自分の声に出して喋ってみます。 なぜ聞くだけではいけないのか?本物のリスニング力とは、自分で同じ内容のことを声に出せて初めて完成するものだからです。
シャドーイングをする
最後のステップ。ここでは流れてくる英語音声と、ほぼ同時進行で声に出して話す『シャドーイング』を行います。 男女両方の声をシャドーイングするのが困難なら、片方のみでもOKです。
なぜ8段階ステップアップ方式なのか
ここまで読まれた方のなかは『何故、こんな回りくどい方法でリスニングをする必要があるのか』と、疑問に思う人もいるかもしれません。 そのためには、まず『多聴』と『精聴』の違いについて知る必要があります。
まず『多聴』とは書いて字の如く、長時間に渡って大量の英語を聞き取ることです。 この『多聴』はどちらかというと、ただ単に音声を耳に取り入れる『聞き流し』のような類のもので、 リスニングの学習方法としてはあまりおススメできません。 音声を聞き流しているだけの学習には限界があります。 読書をしていたり、運転をしていたりと、別のことに集中していて注意力が失われている時は、 日本語で言われたことさえ聞き取れないということがあるでしょう。英語なら尚更ですね。


一方の『精聴』は、短時間でもいいので流れてくる音声に注意力をしっかりと注ぎ、正確に英語を聞き取る学習方法で、 英語初心者から中級レベルの人は『多聴』よりも『精聴』のリスニングををおススメします。
よく「リスニングは量に比例する」などと言われていますが、それはある程度英語の勉強を続けてきた上級者にいえることであって、 初級・中級レベルの人は、大量の聞き流しをするよりも、数十分の集中したリスニングの方が効果が高いのです。 そして『30日間英語脳育成プログラム』は、他ならぬ『精聴』に特化した英会話教材。 ひとつのストーリー(会話)も長くて1分程度です。
この『長くても1分程度』という男女の会話を、本教材は8段階に分けて学習することを推奨しています。 CD付きの英語教材には、たいていCDに収録された音声の内容が書かれた英文テキストもセットされていますが、 大切なのは、最初にそのテキストを見てしまわないこと、あるいはCDを聞きながらテキストを確認しないことです。


リスニングは『テキスト』から入ってはいけない


子供が言語を学ぶのと同じ順番、すなわち『音声』から入っていかなければなりません。 お気づきのように『30日間英語脳育成プログラム』は、子供が言語を覚える過程と似通った順序で構成されているのです。 母親と赤ちゃんが部屋にいるという状況のステップ1、母親が赤ちゃんに声で言語を教えるステップ2、言語を文字として理解するステップ3…。 赤ちゃんに始めから『文字』を教える母親はいませんよね。
そういう意味で『30日間英語脳育成プログラム』は人間が言語を覚える過程を体系化した、極めて理にかなった英会話教材といえます。 本教材に限らず、その他CD等でリスニング学習を行う際にも、まずは耳だけによる音声聞き取りを心がけてください。
30日間英語脳育成プログラムの体験談
サイト運営者の僕自身もこの『30日間英語脳育成プログラム』を使って勉強したことがありますが、 リスニング、とくに『精聴』を目的とした英会話教材のなかでは、最も優れているもののひとつだと評価しています。
とくに、ネイティブの話す英語は速すぎて聞き取れない…という人におススメしたい。 TOEIC目標700点くらいまでは、リスニングの良きパートナーとして活躍してくれるでしょう。
こんな人におススメします
英語を聞き取ること=リスニングに特化した英会話教材なので、 カタカナ英語が体に染みついてしまっていて英語が聞き取れない、外国人の話す英語は速すぎて聞き取れない…といった、リスニングが苦手な人に適しています。 本教材は『1日1ストーリー×30日間』という構成で、1ストーリーは10分から30分程度で終えることが出来るので、 忙しくて英語の勉強をする時間がなかなかとれない人にもおススメですね。
今まで英会話教材を試したけど結果が伴わず落胆している人も、是非一度手に取って体験して欲しい。 30日間英語脳育成プログラムで『突然、英語がペラペラ喋れるように…』などということはありませんが、確実に一歩前進したと実感できるはずです。
■ 極めて論理的。精聴=リスニングとして英語初心者に最適な学習方法。
■ 30日という短期間でリスニング力を確実に向上させることができる。
■ ネイティブ並みのスピードと綺麗な発音、収録されている語彙も絶妙。
■ パソコンでの学習がメインだが、リスニング専用のCDも付属されている。
■ 30個のストーリーが収録されているが、もう少し多くてもよかった。
■ 会話する男女が2人のみ。もう少し多くの声質(人数)が収録されてるとよかった。
■ 30日間の学習を終えた後、再び本教材の活躍する場がなかなかない。
:教材名 30日間英語脳育成プログラム
:価格 ¥19,500より
:身につく力 リスニング
:対象レベル 初心者−中級者(TOEIC未経験から600点程度)
:学習期間 30日間 / 1日30分程度
:おすすめ度
:販売元サイト 30日間英語脳育成プログラム
英語教材全一覧
リスニング
会話・発音
英文法
英単語
リーディング
ライティング
TOEIC
幼児・子供
便利ツール
映画・ドラマ
英語学習のヒント
おすすめ学習順序
英語教材の選び方
TOEICテスト
リスニングの基本
英会話の基本
英文法の基本
英単語の基本
リーディングの基本
ライティングの基本