英文法の基本
英文法の基本構造と効率的な文法学習の進め方について。
英会話教材
英語教材TOP > 英語学習のヒント > 英文法の基本
  母国語のように覚えていくことは理想だが、それでも文法学習は必要。
  英文法については参考書などを使い、大学受験レベルまで勉強すれば十分。
  英文法の基本構造=英語では結論を最初に示すというルールがある。
英文法の必要性
僕たち日本人が日本語を覚えていく過程で『日本語の文法』を学んだことはないし、日本語を話す時に文法を気にして話している人もいません。 だから、英語も母国語を覚えるように自然に覚えていくことが一番良いという考えに辿り着きます。
しかし、それは脳がクリーンな状態の乳幼児に限って可能なことであって、 日本語による思考回路が身体に染み付いてしまっている僕達が『母国語のように』自然なかたちで英語を覚えていくことは難しい。 もちろん、母国語を覚えていく過程に似せて『読む・書く』といった文字情報よりも、英語の音を『聞く』ことから入るのは大切ですが、 現状は英文法の学習なしに英語を習得するのは極めて困難です。
文法学習の進め方
さて、それではどのように文法学習を進めていくかですが、まずはじめに、文法を学ぶのに英語教室に通ったり通信講座を受講するといった高額な投資は不要であることを強調しておきます。 通信講座などは、文法解説書を使って独学で勉強したけど、どうしても理解できない部分があったり、自分の文法力に自信が持てないといった人に限っては受講しても良いと思いますが、 基本的には市販の参考書・問題集で学習を進めていくことをお奨めします。
文法は中学英語−高校英語の順番で勉強していきます。 最終的には大学受験レベルの問題集を解けるようになれば、文法学習については十分でしょう。 TOEICの文法問題は、大学受験レベルの文法では理解できないという人も多いですが、これはただ単に文法が複雑に見えるだけで、 本当に大学受験レベルの文法力がついていれば、それ以上の文法学習は不要であると思います。


たとえば、TOEICの文法問題においては『どの文章も正しく見えてしまい、どれも間違っていないような気がする』という感覚を味わった人が非常に多い。
しかし『彼らは長い間アパートへ探している』という日本語の文章を見ると即座に違和感を覚えるように、 大学受験レベルの英文法が身についていれば、英語においてもこれらの違和感に即座に気がつくことができるはずです。
英文法の基本構造
She ate an incredibly very delicious cake.
彼女は食べた 信じられないほど とても 美味しい ケーキ


初心者は『英語は結論を最初に示す』というルールを覚えておきましょう。
基本的に英語では『彼女が何をしたのか』という『話の結論』が文頭にきます。 つまり、極端な話をいえば、どんな長文でも最初のワンフレーズを読めば、そのフレーズが何を言いたいのか分かってしまうということです。


She ate an incredibly very delicious cake in the kitchen yesterday morning.
彼女は食べた 信じられないほど とても 美味しい ケーキ 台所で 昨日の朝


随分と長い文章になりましたが『彼女は食べた』という結論はなんら変わりません。
今回は『いつ・どこで』という詳しい説明が加わったのみ。 ここが英語の優れたところで、これらの『いつ・どこで・どのように』といった詳しい説明は『彼女はケーキを食べた』という一連の文章の後ろへ後ろへ、 重要な順番でどんどん付け加えていけばいいだけなのです。


Yesterday morning she ate an incredibly very delicious cake in the kitchen.
昨日の朝 彼女は食べた 信じられないほど とても 美味しい ケーキ 台所で


もちろん、英語においては結論よりも『いつ・どこで』といった詳しい説明が文頭にくる例外も多々あります。 これらは文章を読みやすくしたり、あるいは『昨日の朝』に起きたという事実を強調したくて文頭においたりするわけですが、 基本的にはこういった詳しい説明は文章の後ろについていくものだと思って構いません。
英語教材全一覧
リスニング
会話・発音
英文法
英単語
リーディング
ライティング
TOEIC
幼児・子供
便利ツール
映画・ドラマ
英語学習のヒント
おすすめ学習順序
英語教材の選び方
TOEICテスト
リスニングの基本
英会話の基本
英文法の基本
英単語の基本
リーディングの基本
ライティングの基本